ハンド・イン・ハンド通信2021年4月号

だんだんと暖かくなり、春らしくなってきましたね。

4月1日には毎年恒例のお花見ウォーキングを行い、近くの桜トンネルを通って芦原公園の桜を見るという30分ほどのコースを歩きました。お天気にも恵まれ、皆さんとても楽しそうにされていました。

次回のハンド・イン・ハンド通信では、お花見の様子をご紹介したいと思います。

コロナ感染者が減って、はやくローソンの掃除にも行けるようになりたいですね。そのためにも、これまで通り『三密』をさけ、手洗い・うがいを続けて感染症対策をしっかりしていきましょう。

4月の予定

ポスティング

毎週水曜日に、支援員と利用者さん2人でひとつのチームをつくり、西小路3丁目チームと4丁目チームとでチラシのポスティングを行っています。

ポストにはいろいろな種類があり、最初はチラシを入れるところをなかなか見つけられず、時間がかかってしまうこともありました。

配るチラシも、多い時には6種類ほどになることもあり、ポスティングの前日に利用者さん皆でチラシを折ったり、ポストに入れやすいよう一組ずつにセッティングしたりしています。

ポスティングに行くことを楽しみに登所される利用者さんもおり、春になって外を歩くのも気持ちのいい日が多くなってきましたので、さらにポスティングが楽しみになりそうです。

歩き方のトレーニング

3月17日(水)のささゆり園の運動では、歩き方のトレーニングをしました。

『歩く』ということは、一番身近な運動であり、歩き方が悪いと膝に負担をかけてしまったり、ふとした瞬間の転倒事故にもつながります。

今回は皆さんの「いつもの歩き方」を見てから、膝を曲げる・踵を擦らない・内股にならないようにする等の、それぞれの課題に気を付けながら「正しい歩き方」に挑戦してもらいました。

膝を痛めたり転倒して怪我をしないように、これを機に普段から「正しい歩き方」を意識してもらえたら嬉しいです。